日本全国に営業展開している煙突工事の会社です

日本全国に営業展開している煙突工事の会社です

建築関連の仕事を長年経験してきました。

現場での人員管理や作業割り当ての作成・修正、各種資材の手配から関係会社との親しい関係も構築できていて、一人前の現場監督として自信もあり、それなりの業績を上げる事も出来ると思います。

そんな時に、煙突工事の会社から転職の誘いがあり、よく考えたうえで、お世話になる事にしました。

この会社は煙突工事という少し特殊な建造物を専門に扱っている会社ですが、逆に言うととても個性的な建造物で、立地の条件などから、自然現象への対策が重要なとても高度な知識の必要な仕事です。

特に基礎調査が重要で、その為に現地調査には時間をかけます。

設計の担当者と何度も現場に足を運び、いろいろな条件を設定した上で現状分析を繰り返して建築計画を立てます。

会社の特殊性から顧客は全国にあり、一度引き受けた現場には長期出張で対応しますが、完成するまでは、本社には帰りません。

現場の掛け持ちはせず、ひとつの現場を、完全に終えて、報告書を会社に提出する事で完了になります。

北海道であろうと沖縄であろうと決まった現場で仕事を完了させるまで頑張ります。

専用のゴンドラもある煙突工事会社

建築した煙突のメンテナンスを引き受けるのも、煙突工事会社の仕事です。

特殊な建造物のため、メンテナンスには特別な道具や設備があります、そのひとつにゴンドラがあります。

いろいろな大きさに対応した特殊なゴンドラは、メンテナンスには不可欠で、そのゴンドラに乗って各種点検業務や簡単な補修作業を行います。

大きな煙突には内部で稼働するゴンドラもあり、それを使って清掃とメンテナンスを行います。

複数の人間がそのゴンドラに乗り、作業道具も積み込んで動く特殊ゴンドラはとても丈夫で、しっかりとできています。

しかし、メンテナンスは、このゴンドラにも必要です。

現場に行って命を預けるものであるゴンドラがうまく稼働するようにしっかりと点検しておく必要があります。

煙突工事のプロ

それを怠ると、仕事の遅れにもつながり、信用を失いかねない事であり、まだまだ現場でしっかりと仕事をこなせていない私には、事前に任される仕事の中で一番大事な仕事になります。

しっかりと時間をかけて、確認をするように心がけていて、この繰り返しが、やがて現場で取引先のメンテナンスを行う時にも役に立つ能力になるのです。

煙突工事会社の一員として、微力ですが戦力になりたいです。